西梅田開発協議会 トピックス&イベント ショップ&レストラン ホテル&ホール アメニティ&アート アクセス
西梅田地区開発協議会




 オオサカガーデンシティと梅田ターミナル地区を有機的につなぎ、一体化するために、オオサカガーデンシティを東西に貫く都市計画道路の地上部及び地下部に、アメニティ豊かな歩行者空間を創出しました。

 地上部には、道路沿いの各ビル敷地内に、幅10mのプロムナードを設けました。歩道部分は、無電柱化を行ったうえ、オーストラリアレンガで舗装し、植栽部分は、道路沿いはケヤキの並木、歩道沿いはヒベリカム・カリシナム、サツキ、ツツジなどの常緑樹帯に四季折々の花を添えることにより、アメニティ性の高い花と緑に囲まれた歩行者空間を演出しています。照明は、主としてポール型照明とし、必要に応じてフットライトを設け、デザイン性を高めています。また、街区内のオープンスペースを広く確保し、快適で開放的な空間としています。

 地下部には、オオサカガーデンシティの西端から梅田ターミナル地区の地下街に接続する延長600メートル、最大幅員19メートルのプロムナード「ガーデンアベニュー」を設けました。東端の「水音のエントランス」には100メートルに及ぶ滝と池、中央の「緑のパティオ」には地下施設では珍しい緑豊かな庭園風広場、西端の「坂のギャラリー」には壁面にアート作品を配置し、安全快適で文化性あふれる空間としています。

このガーデンアベニューは、梅田地区から福島・中之島地区に至る歩行者ネットワークを形成するとともに、地下で接続されるオオサカガーデンシティの各ビルのエントランスロビーの役割を担っています。
     
 
© 西梅田地区開発協議会 All rights reserved.